先生や恩師の人探し探偵

先生や恩師の人探しで選ばれる探偵事務所の調査依頼無料相談

昔は卒業アルバムに、ごく普通に連絡先を乗せていました。卒業生も先生も、皆さん住所から電話番号まで、いつでも連絡を取れるようになっていたのですが、現在は「個人情報」の価値が高まり、事件なども起こって、簡単に連絡が取れることが危険とみなされる世の中になっています。卒業アルバムに詳しい情報を記載しない他、在学中でも容易に連絡は取れないのが実情です。

 

こう言った経緯から、恩師に会いたくても、どこで何をしているのかが全く分からない場合が増えています。先生としても、会いたい教え子と連絡が取れない、なんていうこともあるでしょう。便利さが生んだ不便なのかも知れませんね。

 

人探しについて

人を探している、と言うケースは大きく二つに分類されます。いなくなるはずのない方がいなくなる時と、必然的に居場所が分からなくなる時です。前者は事件や事故、家出の可能性が考えられますが、後者、つまり恩師などの人探しの場合、緊急性はありません。

 

事件性が考えられない以上、警察が探してくれるはずもありませんので、この場合は自分で人探しをする必要が出てきます。

 

先生の年齢を考えよう

人探しでは、記憶をさかのぼるのがコツです。恩師の大体の年齢を考えてみましょう。多くの教職は一般的な年齢で退職されます。60歳、65歳をめどに、現役か職を退かれているかの見当が付きます。

 

現役ならまず、教わった学校へ連絡しましょう。組合などに名簿があるはずなので、理由を話すと力になってくれることがあります。この場合、まず学校などから恩師へ確認があり、許可が下りれば所在を教えてくれることになるでしょう。

 

退職されていてもそれほど時間がたっていなければ、名簿の住所と変わらず連絡がつくことが多いですが、余りにも長く連絡が取れない場合、思いもよらない土地へ引っ越されていることや、最悪は亡くなられていることもあるでしょう。先生と言う方々は、探している方より年配であることが多いからです。

 

人探しの方法

同級生や同じ学校の方から探してもらったり、連絡のやり取りを続けている方がいないか探しましょう。学校からも探してもらえるでしょうが、仕事の合間に善意で行ってくださること、あまり強くは言えないと思います。

 

どうしても見つからない場合、探偵事務所に相談しましょう。最終手段だと思いますが、理由が分かればお話を聞いて下さいます。もちろん人探しはプロですので費用は必要ですが、素人考えで探すより高い確率で探し出せるでしょう。ご年配の恩師を探すのは、なるべく早い方が良いでしょう。

 

⇒探偵社の人探し調査依頼・無料相談こちら